ねじめびわ茶で血糖値を下げることはできる?

MENU

ねじめびわ茶で血糖値を下げることはできる?

血糖値を下げるために必要なミネラルは糖質を代謝するマグネシウム、マンガン、セレンです。

 

この3つが不足してしまうと太りやすくなりますし、悪化すれば当然糖尿病のリスクもあります。

 

不足しがちなミネラルを補給できるねじめびわ茶を上手に活用しましょう。

 

ねじめびわ茶の成分と効果

 

血糖値を下げるために必要なミネラルはマグネシウム、マンガン、セレンです。

 

ねじめびわ茶にはセレンは入っていないものの、マグネシウムとマンガンは含まれています。
ではこの2つのミネラルはどんな働きをしているのか見ていきましょう。

 

マグネシウムの働きと効果

 

骨を作ったり、酵素の働きをサポートしたり、たんぱく質を作ったりと様々な役割をしています。
そしてカルシウムと一緒にとると相乗効果が高まることも知られています。
エネルギー代謝を良くして体温を上げ、血糖値を正常値に戻していく効果もあります。

 

万が一不足してしまうと疲れやすくなったり、いらいらしたり、集中力が低下したりということもありますね。
ただし、だからといって過剰に摂取するのもおすすめできません。

 

下痢や吐き気や心臓麻痺などの副作用が出ることも。
上限は350mgとなっています。

 

マグネシウムを含む食べ物

 

 

食べ物ではナッツ類、海藻類、大豆、ごま、緑黄色野菜などです。
調理の過程で減ってしまうので適度に補給していきましょう。

 

マンガンの働きと効果

 

活性酸素を分解する酵素SODを構成して細胞を守る働き。
骨を作ったり、生殖機能低下防止、インスリン生成作用で血糖値を下げる作用などがあります。

 

普通に食事をしていればめったに不足することはありません。
必要量は4mg程度とされています。

 

不足することはめったにありませんが、過剰に摂取すると神経障害を起こすこともあるので取りすぎないように注意しましょう。

 

マンガンを含む食べ物

 

しょうが、日本茶、のり、きくらげ、高野豆腐、ナッツ類。

 

マンガンはめったに不足しませんが、他のミネラルは調理の過程で減ってしまい、不足することも多いです。

そのためサプリやねじめびわ茶を利用して不足分を補っていきましょう。

 

体内では合成されない成分なので、定期的に補充していく必要があります。
毎日ねじめびわ茶を飲んでいけば血糖値を下げていくことももちろん可能ですよ。

 

ねじめびわ茶をもっと詳しく