ねじめびわ茶の成分を徹底解剖!

MENU

ねじめびわ茶の成分を徹底解剖!

ねじめびわ茶の成分はミネラルです。

 

ミネラルは体の中で合成することができず、常に補給しないといけない成分ですが、食事だけでは摂取が難しいものもあります。

 

毎日ねじめびわ茶を飲んで、上手にミネラル補給したいですね。

 

 

 

含まれている成分一覧!

 

ねじめびわ茶はミネラルをたっぷり含んだびわの葉でできています。
独自の製法でミネラル成分をより多く引き出すことに成功しているものなんですね。

 

では成分を分析してみましょう。

  • マグネシウム―心臓病、高血圧、けいれん、うつ病の予防効果。
  • ケイ素―動脈硬化の予防、爪や皮膚、髪の毛の健康、免疫力アップ。
  • リン―カルシウムと一緒に骨や歯になる。
  • 硫黄―髪の毛、爪、胆汁の生成に役立つ。
  • 塩素―消化促進、浸透圧調整作用。
  • カリウム―デトックス作用。神経過敏などを抑える作用。
  • カルシウム―ビタミンDやリンと一緒に骨を作ります。骨粗鬆症、神経過敏を抑える。
  • マンガン―糖尿病予防、生殖機能の低下など。
  • ―貧血や頭痛やめまいの改善。
  • 亜鉛―味覚障害、生殖機能低下、骨粗鬆症、免疫機能低下の予防効果。

 

これらの中で不足しがちと言われているのはマグネシウム、カルシウム、鉄、亜鉛です。
不足分を食事やサプリメントで補うか、びわ茶を活用するかをしないと体調を崩すことも多くなってきます。

 

 

肌や髪の毛、爪、骨などの人間の体を作るものにすべて関わってきますし、亜鉛のように生殖機能やホルモンバランス、精神面の安定にも関わるものもあります。

 

つまりはミネラル不足になると、心も体もすべて崩壊してしまうリスクがあるということですね。
魚介類やナッツ類、海藻類などをきちんと摂取していれば問題ないはずですが、外食の多い方などはぜひねじめびわ茶を毎日の習慣にして不足しないようにしていきましょう。

 

アレルギーや制限がある人は医師に相談しましょう!

 

毎日お茶を飲んでいくだけでいいので、サプリメントのような飲み忘れもふせげますし、過剰摂取の心配もありません。

ただし病院に通院していて、カリウム制限があるなどの事情がある方は飲む前に成分表をホームページで確認してから病院に相談してみてください。
びわアレルギーがある方も控えた方がいいでしょう。
びわ茶で上手にデトックス、脂肪燃焼して健康な体を作っていきたいですね。

 

ねじめびわ茶をもっと詳しく